ホーム > 気軽に坐禅

気軽に坐禅

坐禅の方法

1.手の位置(合掌&叉手)

合奏

相手に尊敬の念をあらわすことです。
両手のひらを合わせてしっかりと指を揃えます。
指の先を鼻の高さに揃え鼻から約十センチ離します。肘を軽く張り肩の力は抜くようにします。

叉手

立っている時、歩く時の手の作法です。
左手の親指を中にして拳を作り、これを胸に軽く当てて右手のひらでこれを覆います。

2.座る前に

隣位問訊(りんいもんじん)

坐る両隣の人への挨拶です。
自分の坐る位置に着いたら、その場所に向かって合掌低頭します。両隣に当たる二人はこれを受けて合掌します。

対坐問訊(たいざもんじん)

坐る向かいの人への挨拶です。
隣位問訊をしたら、合掌のまま右回りをして向かいに坐っている人に合掌低頭します。向かい側の人はこれを受けて合掌します。

3.座り方

結跏趺坐(けっかふざ)

両足を組む坐り方です。
まず、右の足を左の股の上に深くのせ、次に左の足を右の股の上にのせます。足を組んだら手は法界定印を結びます。

半跏趺坐(はんかふざ)

片足を組む坐り方です。
右の足を左の股の下に深く入れ、左の足を右の股の上に深くのせます。
結跏趺坐でも半跏趺坐でも肝心なのは、両膝を確実に地につけ、両膝をお尻の三点で上体を支えることです。

椅子に座る

直に座るのが難しい人は、椅子を利用します。その際、決して背もたれにもたれかかることなく、正しい姿勢をキープしましょう。手は、法界定印の形を作ってください。

4.姿勢を落ち着かせるために

左右揺振

身体を落ち着かせるために行います。
上半身を振り子のように大から小へ左右に揺り動かして、坐相をまっすぐに正しく落ち着かせます。

5.坐禅の姿勢

法界定印(ほっかいじょういん)

正座の時、坐禅の時の手の形です。
右手のひらを上向きにして組んだ足の上に置き、その上に左の手のひらを同じように上向きにして置き、両方の親指の先をかすかに接触させます。
力を入れて押してはいけませんが、決して離さないようにします。

6.口の形と呼吸について

口の作法

下の先を上の歯の内側の付け根につけ、歯をしっかりと揃え唇を密着させます。
口を真一文字に結んで、開けたり動かしたりしてはいけません。

7.目線

目の作法

目は閉じてはいけません。自然のままに開いておきましょう。
視線は、およそ1メートル前方、約45度の角度に落としたままにして、よそ見をしてはいけません。

8.呼吸法

欠気一息(かんきいっそく)

形を正したところでする息です。
深々と息を鼻から吸い込み、これを徐々に口から吐き出します。
この深呼吸を数回行った後は、自然と鼻からの呼吸にまかせます。

9.あとは、なるがままに

思いをはなつ

様々な思いにとらわれないことです。
目に映るものにも耳に聞こえる音にも、鼻に匂う香りにも心に浮かぶ思念にも、なるがままにそれらの一切に引き込まれないように、気にかけないことです。